ヘルペスの再発と予防法

リジンと一緒が大切!!ヘルペス予防に効くビタミン剤の選び方

ヘルペスの再発予防にはリジンの摂取が有効ですが、ビタミンB群が不足していると効果が十分に発揮されません。チョコラBBやマルチビタミンなど市販のビタミン剤で補う必要があり、リジンの代謝に不可欠なビタミンB6成分がビタミン剤選びのポイントとなります。
ヘルペスの再発と予防法

ヘルペス予防に効果あり?『飲む日焼け止め』サプリの選び方

飲む日焼け止めに含まれるフェーンブロック(Fernblock)は紫外線による免疫力低下を防ぐ効果があり、口唇・性器ヘルペスの予防にも有効です。飲む日焼け止めサプリの選び方や『noUV(ノーブ)』『やかないサプリ』『Heliocare(ヘリオケア)』などの特徴を簡単にまとめています。
知ってる?ヘルペスの基本

単純ヘルペスは唇・性器以外の部分にも感染・発症するの?

あまり知られていませんが、唇周辺や性器周辺に症状の出る単純ヘルペスは条件さえ揃えば全身どこにでも感染し症状が出ます。症状が広範囲に及ぶ場合もある為、外用薬(塗り薬)のヘルペス市販薬よりも、処方薬であるヘルペス内服薬の方が患部を選ばず効果的です。
ヘルペスの再発と予防法

待望のヘルペス専用リジンサプリ『りぷさぷり』の実力は?

よかった株式会社製のL-リジン含有サプリ『りぷさぷり』について説明しています。ありそうでなかったヘルペス専用サプリで治療や予防に効果的な各種ビタミン・乳酸菌・プロポリスがバランスよく含まれ、「与える」「高める」「整える」に注目した大変おすすめのサプリメントです。
知ってる?ヘルペスの基本

あなたは年に何回くらい?口唇・性器ヘルペスの再発頻度

口唇ヘルペスと性器ヘルペス、それぞれの再発頻度は年間どれくらいなのか?また、再発頻度の高いGH(性器ヘルペス)の『再発抑制療法』や治療や予防に効果のあるバルトレックス・バラシクロビル・ゾビラックス・ファムビルなどの内服薬も紹介しています。
ヘルペスの市販薬と治療法

傷を隠して治りも早い!!コンピードヘルペス用パッチの使い方

Compeed Cold Sore Patch(コンピード コールド ソー パッチ)はヘルペスによる傷を保護しつつパッチの上からでも日焼け止めや口紅などの化粧品・メイク用品が使えます。傷を治療しながら目立たない様に隠す事ができ、キズパワーパッドの湿潤治療と同様に成分のハイドロコロイド075がアクシロビル5%クリームに匹敵する治療効果を発揮します。
ヘルペスの再発と予防法

カルピスでもいいの?ヘルペス予防に役立つ乳酸菌の効果とは

乳酸菌はインフルエンザ予防だけでなくヘルペス予防にも効果があり、各種ウイルスを撃退する免疫力賦活作用を持っています。カルピスやヤクルト、殺菌済みでも効果が得られ、話題のプラズマ乳酸菌なら免疫細胞全般に高い効果が得られます。
ヘルペスの再発と予防法

ヘルペスに『メカブ』が効く!?主成分フコイダンで免疫力強化

メカブに含まれるフコイダンには、抗ガン作用だけでなく抗ウイルス作用やNK細胞を活性化し免疫力を高める作用があり、ヘルペスウイルスにも効果を発揮します。また抗菌作用や皮膚創傷修復作用もあるのでヘルペスによって傷ついた部位の修復にも役立ってくれます。
ヘルペスの再発と予防法

男性は要注意!!口唇ヘルペスとヒゲ剃りに潜む危険性

男性の口唇ヘルペスで一番厄介なのが毎日のヒゲ剃りです。カミソリが患部の水疱を破る、または傷付けてしまうと、ウイルスが健康な部位にも感染しかねません。また、ヒゲ・鼻毛・眉毛を脱毛したり抜いたりするのも危険で、顔面の三叉神経部分にはヘルペスの症状が出やすい特徴があります。
ヘルペスの市販薬と治療法

ヘルペスが早く治る?イソジン・ヨードチンキの殺菌・消毒力

口唇・性器ヘルペスの治療にはイソジンやヨードチンキが有効です。特にイソジン主成分のポビドンヨードは 抗ウイルス薬よりもキズが早く治る場合もあり、低刺激かつ安全にヘルペスウイルスを殺菌・消毒できます。