単純ヘルペスは唇・性器以外の部分にも感染・発症するの?

単純ヘルペスには唇やその周辺に症状が出る口唇ヘルペス

性器やその周辺、臀部や太腿に症状が出る性器へルペス(GH)の2種類があります。

口唇ヘルペスの原因は単純ヘルペスウイルス1型で主に上半身に症状が出るもの

性器ヘルペスの原因は単純ヘルペスウイルス2型で主に下半身に症状が出るものと

以前は大まかに区別されていましたが

オーラルセックス(口による性行為)が一般化したことにより

これらの相互感染が増加し、現在では区別が曖昧になっています。

ここまでの内容は良く知られているので、ご存知の方も多いと思います

ですが、これらの単純ヘルペスウイルスは条件を満たせば

全身何処にでも感染し、水疱などのヘルペスに特有な症状を引き起こします。

口唇や性器以外にも感染・発症する理由

ヘルペスの原因

単純ヘルペスウイルスは通常、目・口・咽・鼻・性器・肛門などの

人体の粘膜部分を通じ、他者から感染または自身の他の患部から二次感染します。

単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、免疫力が低下していると

粘膜と粘膜の接触で容易に感染しますが

粘膜以外の健康な皮膚であれば、発症した患部が直接触れたとしても

その部位に感染することは殆どありません。

ですが、皮膚に傷があったり肌が乾燥してバリア機能が低下していたり

アトピー性皮膚炎や他の皮膚疾患があったりするなど

皮膚に何らかのトラブルを抱えていると

途端に単純ヘルペスウイルスが浸入しやすくなります。

歯科医などは患者さんの口腔内に触れる機会が多いため

指の周囲に浮き袋状の単純疱瘡が出来ることが報告されていますし

アトピー性皮膚炎と単純ヘルペスウイルスを併発する

カポジ水痘様発疹症も粘膜部分以外から感染する、典型的な例といえます。

親族やパートナーに症状が出ている方がいる場合や

自身に症状が出ている場合は患部とその他の粘膜への接触に注意を払うのは勿論ですが

傷や他の症状が出ている部分に単純ヘルペスによる患部が触れてしまわないように注意し

患部に触れた手は必ず洗うように心掛けましょう。

単純ヘルペスウイルスは現代の医学でも完全に消し去る事が出来ません

一箇所の患部からウイルスが勝手に体中に拡がってしまうことはありませんが

感染すると一生付き合い続ける破目になるので

患部は出来るだけ、口や性器周辺に留めて置いたほうが良いでしょう。

口唇・性器以外の部分に出来る単純疱瘡への対処法

治療

単純ヘルペスウイルスによる水疱は唇や性器に出来るのが殆どで

口唇ヘルペスの場合は病院の処方薬以外にも

薬局で買える、アクチビア軟膏やアラセナSなどの

ヘルペス市販薬が大変便利です。

どれが一番効く?『ヘルペス市販薬』5種類の違いと選び方
単純ヘルペスウイルス1型が原因の口唇ヘルペスは 再発を繰り返しやすい嫌な特徴を持っています。 本来なら、水疱など...

これらのヘルペス市販薬は口唇ヘルペスの再発時に使用し

口唇ヘルペスの治療専用と注意書きがされていますが

指などの粘膜以外の皮膚になら使用しても問題なく効果を発揮します。

ですが、ヘルペス市販薬は外用薬(塗り薬)以外は正規販売されておらず

塗り薬という性質上、衣類や下着に常に覆われている部分や

手や指先など水気にさらされやすい部分とは相性が良くありません

また、ヘルペス市販薬は総じて容量が2gと少なく

広範囲に症状が出ている場合は、あっと言う間に使い切ってしまいます。

症状が重く、広範囲に及ぶ場合や性器を含む粘膜部分には

へルペス外用薬よりもヘルペス内服薬の方が適しているのですが

処方薬として病院でしか手に入れることが出来ませんし

処方量の上限が5日分と言う暗黙のルールが存在しています。

ヘルペス内服薬を制限なしで手に入れるには並行輸入業者を利用するのが一般的で

現在では大手の通販と同様の気軽さで購入する事が出来ます。

ヘルペス内服薬ではバルトレックス(Valtrex)の人気が高く

一日2回の服用で効果を発揮する、現在主流の第2世代抗ウイルス薬です。


バルトレックス(Valtrex)1000mg

口唇ヘルペスはもちろん、性器ヘルペス(GH)の治療や予防にも大変効果的で

通常の皮膚から粘膜部分まで、患部に関係なく治療効果を発揮します。

ただし海外からの配送ということで、どうしても時間が必要になり

症状が出てから購入していては、治療に意味を成しません

症状が落ち着いている時を見計らって

いつでも使える常備薬として、手元において置きましょう。

まとめ

軽度な症状で粘膜部分以外になら、ヘルペス市販薬で十分に対応でき

入手性を度外視すれば、ヘルペス内服薬で一番人気の

バルトレックスを常備しておいて損は無いでしょう。

私は口唇ヘルペスを定期的に発症していますが

その余波として顔面の三叉神経に沿って

瞼(まぶた)や額(ひたい)にも軽度な症状が出ます。

水疱になりきらない上に治療しないと

長期間に渡って居座られる厄介な症状でしたが

ヘルペス内服薬で治療しリジンサプリメントで予防するようになってからは

随分と症状が緩和されるようになりました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加