違いは?ドッズ(dotz)ヘルペス用パッチとコンピードとの比較

dotz(ドッズ) cold sore patches

以前に、口唇ヘルペスに伴う水疱に効果的な製品として

Compeed Cold Sore Patch(コンピード コールド ソー パッチ)

を紹介したことがあります。

このヘルペス用パッチは、直径15mm程の透明なフィルム状で

唇やその周辺にできてしまった水疱に、シールの様に貼り付けて使用します

水疱による傷が通常よりも早く治るのは勿論、傷を保護しつつも

パッチの上から化粧ができるなど、何かと利点の多い製品でした。

傷を隠して治りも早い!!コンピードヘルペス用パッチの使い方
口唇ヘルペスは唇や口の周囲など人目に付きやすい部分に たくさんの水疱が出来る嫌な性質を持っています。 鏡を見る度...

人気の高さとは裏腹に日本国内では正規販売されておらず

少し割高な並行輸入品を頼るより他にありませんでしたが、最近になって

dotz cold sore patches(ドッズ コールド ソー パッチズ)

という名前の類似製品を見掛けるようになりました。

こちらも並行輸入品なので、本来の価格よりは割高になりますが

コンピードよりも安価にも関わらず、使い方や特徴が良く似ています

今回は競合するCompeed(コンピード)とdotz(ドッズ)

二つのヘルペス用パッチの違いについて簡単にまとめてみます。

dotz cold sore patches(ドッズ コールド ソー パッチズ)とは

dotz(ドッズ) cold sore patches シリーズ

dotz cold sore patches(ドッズ コールド ソー パッチズ)について

詳細を知りたいと思い調べてみたのですが

コンピードのような公式HPが見当たらず

どこの国の薬で、どういった会社の製造なのかも不明です。

ようやくパッケージの裏側にThorne Integrity(ソーン インテグリティ) LLP

という記載を見つけたのですが、どうやらUKのLLP(企業組織体)で

製造・販売されている製品の様です。

青色パッケージの dotz cold sore patches (ヘルペス用)

赤色パッケージの dotz Acne Patches (ニキビ用)

紫色パッケージの dotz Blister Patches (靴擦れ用)

の3種類がシリーズとして販売されていて

靴擦れ用が含まれている点はコンピードとよく似ています

価格は販売店によってかなりばらつきがありますが

2~3ポンド、日本円で300~500円くらいが多く

元値の時点で既にコンピードよりも安価な製品となっています。

パッケージ内容は昼用7枚、夜用7枚の計14枚入りで

15枚入りのコンピードとよりも1枚少なく

昼用よりも夜用の方がフィルムが厚くなっています。

直径15mmの透明フィルム状である点はコンピードと共通していて

素材も第二の皮膚として、患部を保護しつつ通気性と適度な湿度を保ってくれる

創傷被覆材のハイドロコロイドが使われています。

1.患部を清潔で乾燥した状態にしてください。使用前に手をきれいにしてください。

2.他のクリームなどとの併用はさけてください。

3.昼用パッチ(クリアーで薄く目立ちにくい)は昼間、夜用パッチ(厚めでしっかり保護)は夜間にご使用ください。

4.パッチを個別包装から出して保護紙をとりはずします。白い半月形の紙をつまんでゆっくりとクリアフィルムからパッチをはがします。(粘着面に指が触れないように注意してください)

5.鏡を使い患部がパッチの中心になるようにのせ、白い半月の紙を取り除いてください。指で軽くパッチを押さえます。

6.患部を最大限保護する為には、パッチを取替えながら治癒するまでご使用ください。

7.貼付部分に異常がみられた場合は直ちに使用を止め、専門家にご相談ください。

使い方の説明は以上の通りで、こちらもコンピードとほぼ共通していますが

パッチの切断や使用時間、保存期間などの情報が無く

全体的にコンピードよりもアバウトな印象でしょうか。

Compeed(コンピード)とdotz(ドッズ)の違いは?

COMPEED TOTAL CARE Invisible Cold Sore Patch

さて、肝心のコンピードヘルペス用パッチとの違いですが

両者とも国内では並行輸入品として販売され

価格は1ケースで1000円を超えますが

ドッズの方コンピードよりも3割ほど安価です。

素材は同じハイドロコロイドでパッチのサイズも15mmとほぼ同じ仕様なのですが

昼用でも夜用でも、コンピードと比べてパッチが剥がれやすく

薄手の昼用でもフィット感がイマイチで貼り付けた個所が目立ちます

最大の違いは、公式にパッチの上から化粧や日焼け止めが可能である記載がない点で

コンピードと比べると、どうしても日常的な傷隠しという用途で劣ってしまう印象です。

まとめ

価格差以外でドッズを選ぶ理由は無さそうですが

本来ならば値引されてコンピードの半額位で販売されてい製品ですから

あまり高望みはしてはいけない気もしますね。

女性が使うならコンピードが鉄板でしょうが

貼り替えが頻繁になりがちな子どもや、髭の生える男性になら

単純ヘルペスウイルスを他の部分や他者に触れさせないといった

保護目的に限り、コスパの良いドッズの方が有用に働くかも知れません。

因みにコンピードもドッズもパッチが剥がれやすくなるため

クリーム・軟膏タイプのヘルペス市販薬が併用できません

1日でも早く治したい場合は海外通販で購入できるヘルペス内服薬を併用しましょう。


バルトレックス(Valtrex)1000mg

第2世代抗ウイルス薬として人気の高いバルトレックス(Valtrex)と

コンピードなどのヘルペスパッチを組み合わせると

治療中であることが外見からはわかり辛くなるので

外出や接客を避けられない社会人には最適な方法と言えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加