傷を隠して治りも早い!!コンピードヘルペス用パッチの使い方

Compeed Cold Sore Patch
スポンサーリンク
ヘルペス

口唇ヘルペスは唇や口の周囲など人目に付きやすい部分に

たくさんの水疱が出来る嫌な性質を持っています。

鏡を見る度に滅入ってしまうのはニキビや吹き出物も同じですが

口唇ヘルペスによる水疱は完治までに長い時間を要するため

社会生活に支障を来すこともしばしばです。

特に女性の場合は傷を庇っていつも通りのメイクが出来なくなりますし

真っ赤に炎症した傷を人前に晒すのは、決して気持ちの良い物ではありません。

この状態ではちょっとした外出も億劫になり

傷隠し用のマスクが手放せない方も多いのではないでしょうか?

気軽に使えるマスクは大変便利ですが

見た目が誤魔化せるだけで治療に結びつく効果は得られませんし

職業によってはマスクの使用を禁じられている場合もあります。

そこで活用したいのが海外で販売されている

Compeed Cold Sore Patch(コンピード コールド ソー パッチ)

口唇ヘルペスによる傷をパッチで保護しながら治療できるだけでなく

その上から口紅などのメイクも出来てしまう優れモノです。

国内でも並行輸入品がネット通販で販売されているので入手には困りませんが

日本語の説明書きが準備されていないせいもあり

詳しい使い方や注意事項が把握しきれていない状況です。

このヘルペス用パッチはシンプルな作りですし、使い方も患部に貼るだけですが

今回はちょっとだけ踏み込んだ

Compeed Cold Sore Patch(コンピード コールド ソー パッチ)の

基本的な使い方や注意事項について説明してみたいと思います。

スポンサーリンク

Compeed Cold Sore Patch(コンピード コールド ソー パッチ)とは

COMPEED TOTAL CARE Invisible Cold Sore Patch

参照元:Compeed

 

さて、このヘルペスパッチを販売している

Compeed(コンピード)社は元々デンマークの企業らしく

どちらかと言えば靴ズレ用のパッチの方が有名です

水疱つながりでヘルペス治療用のパッチもついでに手掛けている感じでしょうか。

コンピード社は北米・ヨーロッパ・オーストラリアを中心に

22ヶ国で製品を販売していますが、残念ながら

日本を含むアジア圏で商品展開をしておらず

国内で手に入れるにはネット通販の並行輸入品を頼る事になります。

仕入国や製品パッケージの新旧などで製品名に違いがあり

 

『Compeed Cold Sore Patch』

『Compeed Invisible Cold Sore Patch』

『COMPEEDR TOTAL CARE Invisible Cold Sore Patch』

 

上記の3種類の名前のどれかで販売されていますが、どれも同じ製品で

一番上のCompeed Cold Sore Patch(コンピード コールド ソー パッチ)が

一般的な呼び名になっている様ですね。

価格の相場はパッチ15枚入りの1セットで1600~3000円程と

最安でもパッチ1枚あたり100円となる結構なお値段です

本来は日本円で800円くらいなので

日本でも低価格で正規販売して欲しいところですね。

Compeed Cold Sore Patch(コンピード コールド ソー パッチ)について

詳しく知りたい場合はオーストラリアやUKなどの英語圏の公式HPが参考になります

英語に堪能ではなくても、各ブラウザ標準の翻訳機能で十分に理解できる内容なので

使ってみたいという方は目を通しておいて損はありません。

コンピードヘルペスパッチの使い方と注意事項

コンピードコールドソーパッチ

 

コンピードのヘルペスパッチは直径1.5cmで透明なフィルム状をしており

見た目や使い勝手はよくある絆創膏と似たような印象です。

興味深い事にこの透明なフィルムには

アクチビア軟膏やヘルペシアクリームに使われるアクシロビルや

アラセナSシリーズに使われるビダラビンなどの抗ウイルス薬が

有効成分に一切含まれておらず

ハイドロコロイド-075と呼ばれる創傷被覆材で出来ています。

実はハイドロコロイドは日本でも販売されている

キズパワーパッドに類似したものが使われていて

湿潤療法(モイストヒーリング)では一般的な素材です

大雑把な言い方をすれば、コンピードのヘルペスパッチは

貼っても目立たないように薄く透明にしたキズパワーパッドで

このフィルム状の第二の皮膚が患部の治癒を早めてくれます。

前述の公式HPによると治癒速度はアクチビア軟膏や

ヘルペシアクリームなどのアシクロビル5%クリームに匹敵

痕が残りやすくなる瘡蓋(かさぶた)を作らせずに

口唇ヘルペスの水疱を治すことが出来るそうです。

どれが一番効く?『ヘルペス市販薬』5種類の違いと選び方
アクチビア軟膏・アラセナS・ヘルペエース・ヘルペシアクリームなど各種ヘルペス市販薬の違いと選び方について解説しています また、第一類医薬品となるヘルペス市販薬の買い方についても紹介しています。

コンピードヘルペスパッチの使い方

このパッチの実際の使い方ですが

公式のYouTube動画が準備されているので

そちらを見るのが一番わかりやすいです。

YouTubeには公式以外にもコンピードヘルペスパッチについての

動画が多数アップされているので、YouTubeの検索窓に

『Compeed Cold Sore Patch』と入力してみても良いでしょう。

動画を見てわかるように、使い方はよくある絆創膏と大差はありません

ですが、使用前と使用後に手をしっかり洗う必要があり

これはパッチ内に余計な雑菌を浸入させないためと

手に付着したヘルペスウイルスによる二次感染を防ぐ意味があります。

また、症状のどの段階からでも使用でき

水疱が出来てしまってからはもちろん、発症の前兆ともいえる

患部がムズムズ・ヒリヒリする前触れの段階で使っても効果があるそうです。

用法としてコンピードヘルペスパッチは一日24時間使い続ける必要があり

パッチの実用時間は8時間くらいと説明されています

完治までの期間を5日とした場合、トータルで15枚使用する計算で

1セット15枚入りが、ちょうど治療一回分に相当します

パッケージにはパッチの効果は12時間との記載もあるので

症状や使い方によってはもう少し枚数を減らせるのかも知れませんね。

コンピードヘルペスパッチの注意点

日本語で詳細な説明のない海外の医療品で一番気になるのが

安全に関わる『使用上の注意』ですが、簡単にまとめると

コンピードヘルペスパッチには以下の様な注意点があります。

 

【1】妊娠中または授乳している場合は使用前に医師に確認する

【2】パッチにはUVカット効果は無い

【3】パッチをカットして使用すると効果が十分に発揮されない

【4】唇などの患部をパッチで覆ってもキスは避けたほうが良い

【5】直射日光を避けて保存し使用期限はおよそ3年

 

【1】についての詳細は不明ですが、製品の安全性そのものではなく

ヘルペスウイルスの母子感染に関わる内容かもしれません。

【4】は患部をパッチで保護していても、キスやオーラルセックスで

他者に二次感染させてしまう可能性がある事を示唆していて

通常の皮膚と比べて粘膜同士ではウイルスが浸入しやすくなります。

【5】に関しては記載が見られず、類似の機能を有するキズパワーパッドの

使用期限を参照しているので、正確さに欠けるかも知れません。

コンピードヘルペスパッチはシンプルな構成で制限も少ないですが

使用に不安がある場合は、事前に英語に堪能な方にお願いして

前述の公式HPやパッケージを確認してもらった方が確実でしょうか。

コンピードヘルペスパッチの利点

コンピードヘルペスパッチはヘルペス市販薬に匹敵するほど傷が早く治り

患部の保護と傷隠しが一度に出来ます

また、パッチの上からでもメイクや日焼け止めが使用できる点は

女性にとって大変喜ばしい機能と言えるかも知れません。

普通に使用しただけでも炎症した患部が目立たなくなり

メイクや口紅をする事で更に患部を目立たなく出来ます

間近で直視されると流石にバレてしまいますが

痛々しい傷をそのまま晒すのとは雲泥の差があります。

コンピードヘルペスパッチには傷隠し以外にも

他者への二次感染や自身への性器ヘルペスや

角膜ヘルペスなどの感染を予防する効果があり

特にお子さんを持つ家庭では

親御さんの患部に不用意に触れてしまう事で起こる

二次感染のリスクを低下させることが出来ます。

まとめ

抗ウイルス薬並みに傷が早く治る上に

患部の保護や傷隠しまで出来てしまう

Compeed Cold Sore Patch(コンピード コールド ソー パッチ)は

今のところ、マスクに頼らずヘルペスの傷を隠せる唯一の手段です。

大変使い勝手の良いコンピードヘルペスパッチですが

実はちょっとした欠点もあり

毎日ヒゲが伸びてしまう男性には不向きな製品です

女性なら唇やその周辺の皮膚部分にも問題なく使えるのですが

男性の場合はヒゲの生えない唇部分に使用が制限されます

私もその一人ですが、口唇ヘルペスには唇に水疱が出来ず

ヒゲの生える口の周囲だけに症状が出るケースもあり

そういった場合には効果を発揮できないと思います。

また、現状1枚100円もするパッチが剥がれやすくなるため

肌に塗るタイプのヘルペス市販薬との併用は避けましょう

類似の製品が日本では販売されていないのは残念ですが

治療と保護だけに機能を絞り、用法を工夫すれば

同じ湿潤療法を利用したキズパワーパッドが

コンピードヘルペスパッチの代用になるかも知れませんね。

因みに前述の通りコンピードヘルペスパッチと

クリーム・軟膏タイプのヘルペス市販薬は併用できませんが

海外通販で比較的簡単に購入できるヘルペス内服薬とは併用が可能です。


バルトレックス(Valtrex)1000mg

第2世代抗ウイルス薬として人気の高いバルトレックス(Valtrex)と

ヘルペスパッチとの組み合わせは、最も早くヘルペスを治す方法の一つですし

治療中であることが外見からはわかり辛くなるので

頻繁に再発してしまうのに、治療の為にどうしても

まとまった時間を取れないといった方に最適な方法と言えます。

 

スポンサーリンク
ヘルペス
スポンサーリンク
ヘルペスの市販薬と治療法
ヘルペスバスター